つくばで個人のイラスト展をやる意味とは何かしら。

こんにちは。
つくばのイラストレーター みそけいです。

このサイトでしつこいほどご報告をしている通り、
みそけいの初個展が、つくばのカフェ&ギャラリー ロダン にて開催中です。

さて、緊張の初日を終え、2日目も無事に終了し、
本日3日目を迎えます。

やると決めて準備をしてきている間、
なんだか個人の文化祭をしているようで
仕方ない気持ちになっていたわけですが、

改めてやってみると、普段からお付き合いのある方たちから、
思いもよらない祝福をうけてなんだか照れくさいような、
恥ずかしいような…

周りに支えられているのだと実感します。
本当に気持ちがただただ嬉しいです。 

なぜ、都会でまずやらないのかと聞かれたとしたら、
私はこの田舎が好きだからなのかもしれないと


この場所からきちんと始めたいからなのかもしれないと思うわけで…

なんてまとまらないこと!

いろいろ嬉しいことと反省とあるのだけど、
それは自分の中で煮込んでいきたいと思います。

まだ終わってもいないけど、来年もまたこの場所で同じように 
展示会をさせてもらえるよう、精進もしていかないと。
うん、頑張ろう。
そして、この個展の準備期間中に
私の好きな童話作家さんが他界された事を知りました。

先生、可愛らしくて、ハッとさせてくれる、
伝える作品たちをありがとうございました。
ご冥福をこころよりお祈りいたします。